その他のご紹介

  • HOME
  • その他のご紹介

この絵を見てどの様に感じられましたか?

病院の待合室に掲げているノーマンロックウェル作ドクターアンドドールというシルクスクリーンです。こんな町の診療所でありたいと思っています。

Norman Rockwel(1864~1978)
アメリカの古き良き時代の日常風景を題材として面白おかしく描いています。

運動機能訓練について

当院では患者様の治療の一環として運動療法に取り組んでおります。ご高齢の方でも運動能力の向上が出来ます。決して大きくない負荷ではありますが真面に続けて行けばその作用は大きく、多くの利用者の方に御好評頂いております。実際に1年位トレーニングした80才台後半の御老人が外来通院間もない40歳台の女性の方よりも筋力が強いなんて事が見られます。また、一見トレーニングが難しそうな麻痺の方に対しては中周波治療器(立体動態波治療器ステレオダイネ-タ-)を利用しての電気的筋肉運動を行い、さらに健側に対しての筋肉トレーニングを行うことで、機能改善を図っております。実際にこの方法で麻痺側の患肢が少しずつ動くようになった方もいらっしゃいます。
利用者の方からは軽く汗をかいて気持ち良いとか、肩がこらなくなった、腰痛が再発しなくなった、痛み止めの注射が要らなくなったとか、小さな段差では躓かずによく歩けるようになったとか、骨量が増加した等の感想を頂いております。(患者様の感想で個人差があります。)

生活習慣病予防:立体動態波治療器ステレオダイネ-タ-を中心とするダイエットプログラム

立体動態波治療器ステレオダイネ-タ-には優れた筋収縮作用(EMS:Electrical Muscle Stimulation)があります。
このため、プログラムを変更する事で従来の治療以外に筋肉の運動による筋力強化作用や体脂肪燃焼によるダイエット作用や、腸管運動の促進による便秘の解消作用を得る事ができます。
この器械を模倣するように出てきた最近話題のダイエットマシ-ンもこのEMS理論を用いたものですが、器械の性能上の問題(周波数が低いため筋肉運動よりも皮膚刺激が強い)、使用上の問題(皮膚刺激が強く皮膚炎を起こしやすい)等、その作用や副作用問題等など問題が多いようです。
本文中の評価は患者様の感想によるもので個人により異なります。